米原物流株式会社|鳥取県|米子市|運送業

 

社長のつぶやき

 

社長のつぶやき

社長のつぶやき
フォーム
 
天狗
2020-04-04
「出世する人」と「天狗」で終わる人の差とは

仕事で少し成果を出すとすぐに有頂天になり、ニョキニョキと鼻柱が伸びて「天狗」になってしまうビジネスマンを良く見かけます。これは大体入社して4-8年目くらいの中堅社員に多く見られる兆候です。出世する人と天狗になり、出世できずに終わってしまう人の違いを見ていきましょう。

出世が出来ない人、「天狗」の症状としては、以下が挙げられます。



周りのサポートがあったにも関わらず、自分だけのお陰で成果がでたと思っている
上司や先輩に対して急にタメ口や失礼な態度をとるようになる
メンバーのミスや上司の悪口を頻繁に口に出すようになり、体制批判をするようになる


これは「自分がこんなに働いて成果を出しているのに、何故出世できないのか?」といったストレスが表出した結果です。なぜなら「天狗」になる人の多くはある程度、仕事が出来る賢い人間であることが多く、実際は上述のような症状はおかど違いだということを認識しているからです。

なぜなら、



周りのサポートがあったにも関わらず、自分だけのお陰で成果がでたと思っている
⇒ そもそも会社の看板を背負って営業しているので、自分だけの力であるはずがない。売れる商品と看板を外しても同じことが言えるのか?

上司や先輩に対して急にタメ口や失礼な態度をとるようになる
⇒ 礼節を欠いた人間が、人の上に立てる訳がありません。仮に立てたとしても、その組織は不健全になるだけです。

メンバーのミスや上司の悪口を頻繁に口に出すようになり、体制批判をするようになる
⇒ 悪口や体制批判をし、周りのメンバーに悪影響を及ぼす「腐ったりんご」になります。腐ったりんごが増殖する前に悪の根源である「天狗」を1人を切るか。そのまま「腐ったりんご」が増えるのを口を空けて見ているのか・・・。上司の判断は至極簡単です。



あなたが仕事で人よりも成果を出せたのならば、それは誇って良いことです。しかし、それと「出世」は無関係なのです。なぜ出世できないのか。を良く考えることが重要です。

出世できる人は、大きく成果を上げることは「通常運転」として捉えています。それを踏まえて「チャンス」を伺っています。出世する人が伺うチャンスは、ポストが空くときです。前任の課長が異動になったときや、部門が新設されたときなどがそうです。そしていざ人事考課が始まった時に、「評価者」の頭の中に浮かぶ顔たちの中に出世する人は必ずはいるようにしています。

また、「出世する人」は、チーム内で能力が高いため、その「出世する人」が抜けてしまった際の部門の状態についても手を尽くします。せっかく「評価者」があなたを出世枠に入れたとしても、あなたが抜けると、このチームの売り上げやパフォーマンスが激減するから、しばらく彼にはいてもらおう。と考えられてしまったら基も子もありません。

そのため、「出世する人」は必ず「後継者」をチーム内で育成することを始めます。自分が培ったノウハウやコツを信頼できて、ポテンシャルがあると思われるメンバーに教えていくのです。そうすることにより、「出世する人」がチームを去った際や昇格した際にも、その「後継者」があなたのパフォーマンスを引き継ぐという形がとれるのです。

「天狗」で終わる人はその実、「出世する人」よりもこういった思慮が浅いことが多いです。「大天狗」になって成敗(解雇)される前に、あなたの出世を阻害している障壁はなんなのか?を考えましょう。そして、成果をだせるようになったコツやノウハウをあなたの後輩に託して、後継者を育てていきましょう。

これであなたは「天狗」で終わらずに、「出世できる人」になれるはずです。
 
完璧な人はいない
2020-03-30

受け入れればいい
 
人の口に戸は立てられぬ
2020-03-28
「人の口に戸は立てられぬ」ということわざがある通り、
1人の人に話したら、なぜか周りも知っていた・・・とびっくりするようなことは大なり小なり経験したことがある方もおられると思います。

おめでたい話や軽い話ならば「そうなんだってね~」と直接本人から聞いた時に返事が出来ますが、
かなりプライベートな話(私が聞いたのは不妊治療に通っているという話)で噂話としてしていいのか?と思うような話を聞いてしまった後に本人から打ち明けられた場合はどういう風に返事すれば一番賢いんでしょうか。

「そうなんだってね~何となく聞いたんだ」とすでに知っていたことを伝えてもいいのか・・・
「そうなんだ」とはじめて聞きましたというように嘘をついた方がいいのか・・・

問題続きでも頑張ろう米原物流!
 
気をつけよう
2020-03-26
思考に気をつけなさい、
それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、
それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、
それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、
それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、
それはいつか運命になるから。

皆んなで気をつけよう米原物流!
 
事業成功への努力?
2020-03-24
世の中には、たくさんの成功ストーリーがあります。
テレビやネットニュースなどのメディアでも、
今では、YouTuberの成功が
あちこちで取り上げられていますよね。

でも、あれって本当に
成功したビジネスなんでしょうか?
あなたもきっと少し疑問があるんじゃないでしょうか。


ネットマーケティングの第一人者である
リッチ・シェフレンによれば、
「成功したビジネス」には3つの条件があるといいます。

1つは、利益性
1つは、拡張性
1つは、持続性

1つ目の利益性。
儲かっているという当たり前のことです。
これについては、説明不要だと思います。

2つ目の拡張性。
つまり、拡大可能であるということ。
YouTuberがどれだけ儲かっていたとしても、
基本はタレント業なので、
拡張していくことは難しいですよね。

そして、もう1つは持続性。
それが将来にかけて安定して存在できるのか?
5年、10年と事業が存在していて、
かつ成長し続けられているのか?

YouTuberがどれだけ高収入を歌ってたとしても、
どこかそのビジネスに疑念が残るのは、
5年後にはどうなっているか、
先が見えないからではないでしょうか。


私たちのビジネスも同じで、
この3つの条件がなければ、
成功したとは言えません。

多くの人は、ビジネスの成功を、
短期的な高所得や断片的な
売上の伸びを取り上げて、
素晴らしいといいます。

実際、ニュースやメディアに取り上げられるのは、
毎年10%ずつ成長している会社ではなく、
突然変異をしたビジネスですからね。


売上でいうと、一時的に
ドカンと上がって、あとは低調。
ドカンとまた上がってはあとは低調。

1日でなん億とかあげて、
その1日だけを断片的に取り上げて
大成功したビジネスのように扱われますが、
実情は全く逆なのです。

その日1日1日だけを取り上げれば
エキサイティングで興奮する話なので、
そういった話は広がりやすいんです。

でも実情は逆で、その翌月から、
売上がなくなるわけですから、
不安で不安で仕方ないわけです。

こういったビジネスのやり方をしていると、
次のプロモーションでコケたら
会社ごとコケるというような状況になるわけです。


一方で、着実に売上が成長していく
ビジネスはあまり注目されません。

「毎年・毎年少しずつ改善して成長している。」
と聞いても、あまり面白くは無いですよね。

「去年も10%成長して、会社は安定しています」
って話を聞いても、そーなんだ。くらいで、
テンションは上がらないですよね。

だから、事業が成長しているところに
あまり取材はこないですし
注目されにくいのですが、

そのビジネスは今後も
5年後10年後も変わらず、
長期的に成長しているでしょう。

なぜなら、着実に売上が
あがるようなビジネスを
作っているからです。

では、このような長期的に
ビジネスが安定成長するためには、
何から始めればいいのでしょうか?
どうすれば、売上を安定させることができるのでしょうか?

予測をたてる。
毎日の損益を計算する。予測とどう違ったのかを検証する。
改善策を試行する。結果どうなったかを検証する。

月次の損益を計算する。
次月の予測をたてる。

この繰り返しですね。
頑張ろう米原物流!
qrcode.png
http://yonehara0408.jp/
モバイルサイトにアクセス!
050924
<<米原物流株式会社>> 〒689-3547 鳥取県米子市流通町430-24-2F TEL:0859-21-4557 FAX:0859-21-4560