米原物流株式会社|鳥取県|米子市|運送業

 

よねはら日記

 
フォーム
 
人間関係
2019-07-17

職場の人間関係っていろいろ難しいですよね。

 

もちろん職場では、トラブルがない方がいいし、仲がいいというのが理想だし、いろんな意見を気軽に交わし合えるような職場環境を作るのも大切なんですが・・・仲良しこよし過ぎは逆に問題を発生させるのでダメなんです。

 

職場の人間関係は円滑な状態というのが理想ではあるのですが、仲良しこよしすぎて友達のような、つまり妥協まみれの“なぁなぁの関係”になってしまうと逆にいろいろな問題が発生します

一番ダメなのが、正さないといけない間違いを指摘しにくくなることです。こうなってくると、組織としての機能もダメになってきます。

 

普段の仕事でも、作業中にピーチクパーチク喋って作業の手が止まってるなんてことにもなる。そうなってくると、もう職場の人間関係、組織としての役割がグッチャグチャです。

 

職場(組織)では一線引いた関係(付き合い)が重要で、「間違いは指摘して正す!」という「言う時は言う」をやりやすい距離感を保っておくのが、職場の人間関係では理想です。

 

人によっては「間違いを指摘して正す」っていうことが、なかなか勇気が必要に感じる人もいると思いますけど、やはりそこは勇気を出して言うべきです。それが組織として機能するためには必要です。

「嫌われたらどうしよう」「陰口言われたらどうしよう」と思ってしまいがちですが、組織を機能させるためには「嫌われてなんぼ」が必要な場合もあります。それに対して陰口を言いたい人には言わせとけばいいんです。

そんな陰口を言うようなレベルの人は、いちいち相手にする必要ありません。職場(会社)では組織を機能させて結果を出すのが最優先です。

陰口を言っている人のことをいちいち気にするというのは時間の無駄以外の何者でもないです。そんな時間は一切なしにして、その分自分の仕事を早く終わらせて早く帰る。これが一番です。

 

少し話が逸れましたが・・・先程お話ししたように、言うべき事はキチンと言って、「厳しい」「怖い」「苦手」と思われることも少しは必要です。

 

一昔前は(?)、怖い上司がいて、部下はビクビク恐怖心を抱きながら「今すぐやらないとヤバい」という危機感をもって仕事をしていましたがそれと同じです。

 

今の時代は、少し発言の仕方を間違えるとすぐに「パワハラ」となるので言い方などは難しいですけど、組織を機能させるためには「厳しい」「怖い」「苦手」と思われることも必要です。

 

まぁ、表現が古いかもですが「飴と鞭の使い分け」も実際には必要です。

 

パワハラ発言は注意しないといけないですが、厳しさ0(ゼロ)の100%の“ぬるま湯状態”だけでは部下の教育も出来ません

 

「相手のことを想っての厳しい発言」というのは、ちゃんと気持ちは伝わるものです。「今思えば・・・」「あの時言ってくれてたのはこういうことか・・・」と後からなってもらえる厳しさ、それをパワハラにならないように発言していく。難しい問題ですが重要です。

 
中には「職場の人間とは仕事の業務上の最低限のことしか話しない。(プライベートのことは一切話さない)」っていう極端な人もいてますけど、話したくなければそれでいいんですけど、明らかに「仕事に以外のことを話すつもりはない!」という雰囲気を醸し出してる人いてますが、あれはダメダメのナンセンスです。雰囲気が悪くなるだけです。
 
少し長くなりましたが、職場では間違いは指摘して正さないといけないので、それをやりやすい距離感を保った人間関係で付き合いながら、時には嫌われる勇気をもって「言う時は言う」をやっていく。これが最終的に、組織として機能するし結果に繋がると経験上断言出来ます。
 
仲良しの集まりで会社は成り立ちません。
 
少し嫌われる勇気があなたにも必要では・・・
 
さあ明日からがんばってください!
 
営業管理部 土江
 
動いて後悔?動かず後悔?
2019-06-19
先日、夜勤明けの帰宅途中。AM6:00頃。
駅前を左折した所、曲がったすぐ左角の歩道ではなく「歩道寄りの交差点上」におじいさんが立っていました。
前を走る車輌が一時停止したけれども、おじいさんは横断する気配無し。
自分も一時停止したけれども、おじいさん横断する気配無し。
 
(何なの??)と思いつつ発進。
 
おじいさんの横を通り過ぎる瞬間、あるものが目に入りました。
 
おじいさんの右手に「杖」です。
その杖は明らかに「視覚障害用」だったと思います。
 
停車し、声をかける事は出来たはず。走行しながらおじいさんの事を考えていたから。
 
でも、出来なかった言い訳を作る。そして自分を正当化する。
 
そして、後悔する。
 
言い訳をし、動かず後悔するより、
 
失敗しても、動いて後悔する方が納得出来る。
 
賛否両論あると思う。
 
僕は、今度また同じ場面に遭遇したら、必ず「行動」する。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
働くこと
2019-06-07
人より1時間、よけいに働くことは尊い。努力である。勤勉である。だが、今までよりも1時間少なく働いて、今まで以上の成果をあげることも、また尊い。そこに人間の働き方の進歩があるのではなかろうか。

それは創意がなくてはできない。くふうがなくてはできない。働くことは尊いが、その働きにくふうがほしいのである。創意がほしいのである。額に汗することを称えるのもいいが、額に汗のない涼しい姿も称えるべきであろう。怠(なま)けろというのではない。楽をするくふうをしろというのである。楽々と働いて、なおすばらしい成果があげられる働き方を、おたがいにもっとくふうしたいというのである。そこから社会の繁栄も生まれてくるであろう。
 
ゴールデンウィーク
2019-04-26

GWが間近となりましたが物流会社の弊社はもちろんフル営業体制です。

 

働き方改革など法律だけが一人歩きし各業界は対応に困惑している状態に見えます。

 

現代社会の当たり前は、企業同士が利便性を追及し過ぎた上に過剰な競争によるしわ寄せがもたらしたもののように思います。

 

さて、コンビニ大国ニッポンと言われるくらい三歩歩けばコンビニの世の中ですが、コンビニの数だけ深夜に働いている人がいるのだなぁと思うと、世の中コンビニの数だけ過重労働者がたくさんいるということを思い知らされます。

 

コンビニだけでなくチェーンの飲食店や病院、介護などの福祉系、警備系、弊社のような物流センター運営会社など深夜労働に従事されている方はたくさんいらっしゃいますが、深夜に働くことの身体への負担は相当あります。

 

24時間営業だけでなく、定休日のない年中無休のお店や飲食店、施設というのもたくさんあり、私たちも「定休日」という感覚が次第に薄れてきて、どこも毎日やっているのが当たり前、という感じになっています。

 

確かに消費者としては定休日がない方がありがたいのかもしれませんが、働く方にとってはかなりの負担なのではないかなと思ったりもします。

 

定休日があったらその日は行かないことにすればいいだけの話なので、そのことですごく機会損失になるかと言えば、そうとも限らない気もします。

 

定休日を設けることで、全員でミーティングや掃除ができたり、社内行事や雑務をこなしたりすることができるので、その後の効率も良くなると思います。

 

24時間とか年中無休にしてしまうと、「回すことでいっぱいいっぱい」な状況がひたすら続いてしまい、あんまり発展性がないというか、現状維持または疲弊による下降すら引き起こすと思います。

 

なぜ定休日がないかというと、売り上げが減るから、というのが一番の理由だと思います。消費者の利便性のため、ということもありますが、それよりはその1日が機会損失だから、という方が大きいのではないでしょうか。

 

コンビニにしても、深夜の時間って何をしているのかわからないのですが、売り上げが少ない店舗なんかは24時間営業をやめて、その名の通り「7~11時」とかでも良い気がします。

 

企業側の「過剰サービス(という名の強欲)」がブラック労働のもとですし、従業員の疲弊によるサービスの低下やエネルギーの無駄遣いを引き起こしていると思います。

 

日本全体、もっと「定休日を持つ勇気」が必要なのではないかと感じています。

 

「仕事を休めない、休むと罪悪感」みたいな働き方ってそもそもおかしいと思います。

 

有休20日消化できないのが当たり前、ってそれがおかしいです。

 

そんなことだから生産性が上がらないのだと思います。

 

利益や長時間労働を美徳としすぎるあまり、休むことで得られるメリットが全く無視されている。

 

「休むこと=怠ける、サボる」みたいな感覚が集合無意識のどこかにありますが、実際はそんなことはありません。

 

休めない社会では人々の心と身体がどんどん疲弊していきます。

 

「回すのにいっぱいいっぱい」の一億総病み社会から、「便利ほどほど、利益ほどほど」心身の余裕を持った社会へ、シフトダウンする必要性を強く感じています。

 

業種を問わず定休日を義務化するべきです。

 

営業管理部 土江

 
4月8日
2019-04-08
毎年恒例となった4月8日韓竈神社参拝に今年も社長と幹部4人でパワーを頂きに来ることが出来ました。

参道は非常に急な階段、山道を約30分程度歩きます。 その後、約40センチの岩の間を通らなければ、お社までは辿り着けない場所にある神社です。

神秘的なパワースポットとして、人気の高い神社なのですが、地元民でも迷ってしまう分かりづらい場所にあります。

また公共交通機関では辿りつけない、うっそうとした山中にある神社です。 小人数だとちょっと怖い場所と言えるでしょうか。

韓竈神社はとてもパワーの強い神社と言われており、日頃抱えているストレスや不安・迷いなどをリセットするには、最適の場所です。

まだまだやりますよ~☺
qrcode.png
http://yonehara0408.jp/
モバイルサイトにアクセス!
045490
<<米原物流株式会社>> 〒689-3547 鳥取県米子市流通町430-24-2F TEL:0859-21-4557 FAX:0859-21-4560