米原物流株式会社|鳥取県|米子市|運送業

 

よねはら日記

 
フォーム
 
ゴールデンウィーク
2019-04-26

GWが間近となりましたが物流会社の弊社はもちろんフル営業体制です。

 

働き方改革など法律だけが一人歩きし各業界は対応に困惑している状態に見えます。

 

現代社会の当たり前は、企業同士が利便性を追及し過ぎた上に過剰な競争によるしわ寄せがもたらしたもののように思います。

 

さて、コンビニ大国ニッポンと言われるくらい三歩歩けばコンビニの世の中ですが、コンビニの数だけ深夜に働いている人がいるのだなぁと思うと、世の中コンビニの数だけ過重労働者がたくさんいるということを思い知らされます。

 

コンビニだけでなくチェーンの飲食店や病院、介護などの福祉系、警備系、弊社のような物流センター運営会社など深夜労働に従事されている方はたくさんいらっしゃいますが、深夜に働くことの身体への負担は相当あります。

 

24時間営業だけでなく、定休日のない年中無休のお店や飲食店、施設というのもたくさんあり、私たちも「定休日」という感覚が次第に薄れてきて、どこも毎日やっているのが当たり前、という感じになっています。

 

確かに消費者としては定休日がない方がありがたいのかもしれませんが、働く方にとってはかなりの負担なのではないかなと思ったりもします。

 

定休日があったらその日は行かないことにすればいいだけの話なので、そのことですごく機会損失になるかと言えば、そうとも限らない気もします。

 

定休日を設けることで、全員でミーティングや掃除ができたり、社内行事や雑務をこなしたりすることができるので、その後の効率も良くなると思います。

 

24時間とか年中無休にしてしまうと、「回すことでいっぱいいっぱい」な状況がひたすら続いてしまい、あんまり発展性がないというか、現状維持または疲弊による下降すら引き起こすと思います。

 

なぜ定休日がないかというと、売り上げが減るから、というのが一番の理由だと思います。消費者の利便性のため、ということもありますが、それよりはその1日が機会損失だから、という方が大きいのではないでしょうか。

 

コンビニにしても、深夜の時間って何をしているのかわからないのですが、売り上げが少ない店舗なんかは24時間営業をやめて、その名の通り「7~11時」とかでも良い気がします。

 

企業側の「過剰サービス(という名の強欲)」がブラック労働のもとですし、従業員の疲弊によるサービスの低下やエネルギーの無駄遣いを引き起こしていると思います。

 

日本全体、もっと「定休日を持つ勇気」が必要なのではないかと感じています。

 

「仕事を休めない、休むと罪悪感」みたいな働き方ってそもそもおかしいと思います。

 

有休20日消化できないのが当たり前、ってそれがおかしいです。

 

そんなことだから生産性が上がらないのだと思います。

 

利益や長時間労働を美徳としすぎるあまり、休むことで得られるメリットが全く無視されている。

 

「休むこと=怠ける、サボる」みたいな感覚が集合無意識のどこかにありますが、実際はそんなことはありません。

 

休めない社会では人々の心と身体がどんどん疲弊していきます。

 

「回すのにいっぱいいっぱい」の一億総病み社会から、「便利ほどほど、利益ほどほど」心身の余裕を持った社会へ、シフトダウンする必要性を強く感じています。

 

業種を問わず定休日を義務化するべきです。

 

営業管理部 土江

 
4月8日
2019-04-08
毎年恒例となった4月8日韓竈神社参拝に今年も社長と幹部4人でパワーを頂きに来ることが出来ました。

参道は非常に急な階段、山道を約30分程度歩きます。 その後、約40センチの岩の間を通らなければ、お社までは辿り着けない場所にある神社です。

神秘的なパワースポットとして、人気の高い神社なのですが、地元民でも迷ってしまう分かりづらい場所にあります。

また公共交通機関では辿りつけない、うっそうとした山中にある神社です。 小人数だとちょっと怖い場所と言えるでしょうか。

韓竈神社はとてもパワーの強い神社と言われており、日頃抱えているストレスや不安・迷いなどをリセットするには、最適の場所です。

まだまだやりますよ~☺
 
4月なのに・・・
2019-04-01
今日から4月だと言うのに寒気の影響で米子市内は時々みぞれ交じりの空模様です。
 
各峠では積雪となっております。
 
夏用タイヤの方はご注意ください。
 
 
 
新元号
2019-04-01

令和(れいわ)は、日本で使用される予定の元号。「平成」の次で、日本最初の元号とされる「大化」から数えて248番目の元号となる見込みである。2019年に、皇室典範特例法の規定に基づく今上天皇の退位(4月30日)と皇太子徳仁親王の即位(5月1日)が予定されている。この皇位の継承を受けて、元号法の規定に基づき、5月1日に元号が「平成」から「令和」に改められる予定である。日本の憲政史上で初めて、天皇の退位による皇位の継承に伴って改元が行われる。

『万葉集』の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文(「梅花の歌三十二首并せて序」)を典拠とする。確認される限りにおいて初めて漢籍ではなく日本の古典から選定された。

グレゴリオ暦(西暦)2019年は、4月30日までが平成31年、5月1日0時からが令和元年になる予定で、2つの元号に跨る年となる。

 

 

 
気配り
2019-03-30
どんなに優れた経営戦略があったとしても、最終的にそれを遂行するのは“人”。
人を思いやり、人のために働けば、結果は自然とついてくるものです。

気配りできれば人に感謝され、信頼されるようになって、大切な人や仕事を紹介してもらいやすくなる。
するといい出会いが増えて、チャンスもその分、増える。
また、自分の気配りで職場の人間関係がよくなって、みんなが楽しく働けるようになると、自然と職場全体のやる気が高まり、会社の業績向上にも貢献できる。

とはいえ、「気がきかない性格だから無理」とか「シャイだから行動に移せない」というように、自分は気配りできないと思い込んでいる人もいる。

「できないのは性格の問題ではなく、経験が足りないだけ。気配りは難しいことではなく、誰にでもできる『技術』です。練習すれば上達します」

まず挨拶から

そして「ありがとう」と全ての人に感謝する事からだと思う。
qrcode.png
http://yonehara0408.jp/
モバイルサイトにアクセス!
044249
<<米原物流株式会社>> 〒689-3547 鳥取県米子市流通町430-24-2F TEL:0859-21-4557 FAX:0859-21-4560